×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



コラーゲンが豊富な食品にはこんなものがあります。結構意外なモノにも?!

コラーゲンと聞いてすぐに思い浮かべるのは・・やっぱりフカヒレやスッポンでしょうか。でも高価な食材なので、そうそういつも口にできません。そこでコラーゲン料理のお勧めはよく居酒屋さんの酒の肴にもある、エイヒレです。同じヒレでもグッとお安く、家でも簡単にトースターなどで炙って食べると美味しいですよ。コラーゲンたっぷりのお料理では他にも牛すじの煮込みや、鶏皮・手羽先・軟骨の唐揚げ、豚の角煮などが有名ですが、コラーゲンは魚の皮にも結構含まれているので出来れば残さず食べちゃいましょう。あとコラーゲンそのものであるゼラチンは、普段何気なく口にしているものにもよく含まれていますよ。コラーゲンたっぷりのゼラチンはマンゴープリンやフルーツゼリーなどのひんやり系スイーツ、子供達のおやつのグミやマシュマロ、ヨーグルトやクリームチーズ、また最近ではパンなどにもよく使われているようです。

食品やドリンクに使われているコラーゲンっていったいどんなもの?

テレビのグルメ番組で女性達が「コラーゲン♪コラーゲン♪」とおまじないのように言いながら、嬉々としてフカヒレや鳥料理にかぶりついてるシーン、よく見かけますよね。どうやらコラーゲンは美容に良いらしいということは伝わってきますが、でも実際にコラーゲンがどう良いのか説明しろと言われたら・・ちょっと困っちゃう方が多いのでは?コラーゲンはタンパク質のひとつで、体内にあるタンパク質のうち30%を占め、皮膚、血管、骨、腱などさまざまな結合組織に強度やしなやかさを与えています。コラーゲンはもともと私たちの体に大量に存在するものですが、20歳をピークに体内でコラーゲンを合成する力が低下していくということから、美容面・健康面を考え積極的にコラーゲンを摂る方が増えてきています。コラーゲンはサプリメントやドリンク剤、その他食品、化粧品、医薬品などさまざまな形で用いられています。

美と健康に効果的なコラーゲン関連商品はこちら

気になる商品情報を検索


[ナイスな情報]

美と健康に効果がある万能選手コラーゲン。でもちょっとご注意の知っとこ情報

体に良いとされるコラーゲンは、もともとすべての動物が持っているタンパク質です。動物は異なっていてもコラーゲンの構造はとても似ているため、アレルギーを起こしにくいと言われてきました。しかしある条件が重なると稀にコラーゲンアレルギーを起こすこともあるので、妊娠中や授乳中の方、重い病気また慢性的な病気などで通院や投薬を受けている方、そしてタンパク質にアレルギーのある方は、コラーゲン料理やサプリについて医師や専門家に相談された方が良いでしょう。また最近はとんこつ系のラーメンが人気で「コラーゲンたっぷり!」という謳い文句もよく聞きますが、実はそんなにコラーゲンたっぷりでもないかも・・?何故なら動物性のコラーゲンの分解温度は40℃のため、沸騰させなくてもある程度高い温度で煮出すスープの「コラーゲン」は厳密にいえばもう『コラーゲン』とは呼べないものになっちゃってるからです。こちらは逆の意味でちょっとご注意ですが、まあ栄養はたっぷりですからね。

話題のフラコラ500のお試し商品情報はこちら


spacer.gif
Copyright © 2008-2011 コラーゲン食品・ドリンクの効果とか
  • seo